お腹から股下にかけてのむだ毛を剃るのに困っている

ケノンでお腹から股下にかけてのむだ毛の処理回数を減らしたい

腹のむだ毛に悩んでいます。20代後半になってから、どうもヘソの周りとその下にむだ毛が生えてくるようになりました。その毛は太く、濃く、縮れています。

 

剃っても、剃っても逞しく生えてくるので、とても困っているのです。仕方がないので、毛を毛抜きで1本ごと抜くのですが、これがかなり痛くてなかなか抜くことができません。

 

お腹の肌はかなり弱く、毛抜きで抜く時にヒリヒリと痛み、とてもではありませんが、パッとは抜けないのです。毛が太くて逞しいために、ちょっとの力では抜けません。そこも苦労するところです。脱毛テープで一気に抜こうとやってみたら、それはそれは痛く、痛み止めクリームを塗ったほどでした。

 

キレイなお腹

 

そのお腹から下にかけての毛もかなり濃く、抜くのが大変です。そこで、脱毛クリームを塗って処理することにしましたが、なかなか思うように綺麗に脱毛できなかったのが辛かったです。仕方がないので、カミソリで剃れば、今度は肌に傷ができてしまい、そこからヒリヒリと痛みます。

 

どうも、股から股下にかけては服を着ているために毛が長く、健康的に育ってしまうようです。剃っても、すぐに生えてきてはカミソリで見えない部分まで剃らなければならないので、いつもドキドキしながら剃っています。鏡を見ながら剃るのも大変に時間がかかってストレスとなります。

 

家庭用脱毛器ケノンなら、サロンと同じフラッシュ脱毛で脱毛ができるらしい。続ければ毛の処理の回数が減っていくみたいだから、お金が出来たら是非買いたいなと思っています。

 

家庭用脱毛器ケノンでの脱毛のコツについて

高い脱毛効果で有名なケノンですが、皆さんはケノンをどの様に利用していますか?ケノンは、身体のありとあらゆる箇所が脱毛可能なとても優れた家庭用脱毛器ですが、ケノンの使い方にはいくつかコツがあります。そのコツを押さえる事で更に快適にケノンでの脱毛を行う事が出来るので、今回はケノンのコツをいくつか紹介したいと思います。

 

まず、ケノンを使う上で私が一番大切だと思うポイントは、自分に合った照射レベルを何度も当てて見て発見する事だと思います。自分に合った照射レベルを見つける事が出来れば、感じる痛みや肌へのダメージを最小限に抑えながら、脱毛を行う事が可能です!

 

また、身体の部位ごとに皮膚の厚さや刺激の感じ方が違うので、自分の身体の部位ごとに丁度良い照射レベルを見つけることも、ケノンで脱毛する上でとても大切なコツになります。また、ケノンを使用した後は付属の保冷剤での冷却をしっかり行なってください。

 

ちょっとめんどくさいかもしれませんが、肌を保湿する為にも必ず行なって欲しい作業ですね!これらのコツをしっかりと実行した上でケノンを利用すれば、きっとあなたの思い描く様な脱毛が出来ると思います。ケノンはとっても便利な家庭用脱毛器ですので、これらのコツを踏まえながら正しく使っていきましょう。

関連ページ

カネボウにドルティアという化粧品があるのを知っていますか?
以前、カネボウ化粧品から発売された化粧品があるのを知っていますか?ピンクのパッケージで化粧品カウンターで発売されています。
美白のメカニズムを知ると効果的かもしれませんよ。
美白を目指す場合、美白美容液やシミやシワに効く薬なども効果的ですよね。でも、どうやってシミは消えていくんでしょうか?
リキッドファンデーションは、アレルギー肌の私にあうんですよね。
私は、アレルギー肌だからパウダーファンデーションだと白浮きしてしまうので使いません。
お肌に優しい化粧品ならドモホルンリンクル!!無料お試しセットで始めやすい!!
お肌に負担をかけずに美白をしたい!!と思うと漢方とか植物性由来のものがいいのかな〜と思っている
加齢により生えてくるムダ毛
旦那さんは体毛は元からそんなに濃くはないんですが、年齢と共にわけのわからないところから生えてくるムダ毛がすごく気になるんです。
赤ちゃん肌は目標だけど、実際の赤ちゃん肌は乾燥しやすいんですよ。
「目指せ!赤ちゃん肌!」なんてよく聞きませんか?確かに、赤ちゃんのお肌ってシミやシワが一つもないし、お肌もプルプルして潤っています。
エピレの脱毛はどうなのでしょうか?
脱毛サロンに行きたいなと思い、TBCがプロデュースしている「エピレ」のサロンについて調べてみました。
ピグノジェノールの美肌効果について。
ポリフェノールの1種であるピクノジェノールは欧米の各研究機関では40年以上もの研究実績があり、現代最強の抗酸化物質といわれているそうです。
美肌ビタミン、ビオチンはどう?効果は?
サプリメントやジュースの栄養表示などでよく目にするビオチンですが、他のビタミンB群と比べて知名度は低いのですが、実は美肌のために必要でとても高い効果を発揮してくれるのです。
ビオチンで美肌作りしよう。
美肌のためのビタミンのひとつビオチンを摂取するにはサプリンメントという方法もありますが、通常の食生活をしていればまず不足することのないビタミンです。
夏のエステ。
夏は、絶対紫外線対策をしなくてはいけません。外出する時は必ず日焼け止めを塗って帽子をかぶって、UV手袋をして万全の体制ででかけます。
日焼け止めスプレー。
日焼けが気になる時期、子供にも日焼け止めは必ず塗っています。特に1歳の息子は、5月に日焼け止めをせずに外出したら、腕とか脚とかお肌が真っ赤っかになっちゃったんです。

ホーム RSS購読 サイトマップ