ピグノジェノールの美肌効果。

ピグノジェノールの美肌効果について。

ポリフェノールの1種であるピクノジェノールは欧米の各研究機関では40年以上もの研究実績があり、現代最強の抗酸化物質といわれているそうです。

 

フランスワインの名産地にあるボルドー大学の名誉教授が1947年に発見した成分で、フランス海岸松の樹皮に生体に有効なフラボノイドが多量に含まれていることがわかりました。

 

その後、アトピー性皮膚炎や皮膚ガンなどの治療にも有効な美肌成分として研究され、皮膚に対して無毒性も検証されて非常に強力な天然の抗酸化物質であることが判明したそうです。

 

抗酸化力はビタミンEの50倍、ビタミンCの20倍とも言われ、ビタミンCの保護にも力を発揮するそうです。また、肌細胞の損傷や炎症から守ってくれる働きもあるので肌荒れの予防にもなります。

 

樹脂から発見されたものなので、インナーケアとしてはサプリメントからの摂取になりますが、欧米では「飲む化粧品」として人気だそうです。

 

また、アウターケアとして美容液などで皮膚に塗ると、紫外線障害の防止にも有効と言われています。基準の厳しいアメリカのFDA(アメリカ食品医薬品局)の認定も受けている成分なので、インナーケアとしてもアウターケアとしても安心して美肌アイテムに取り入れられそうですね。

関連ページ

カネボウにドルティアという化粧品があるのを知っていますか?
以前、カネボウ化粧品から発売された化粧品があるのを知っていますか?ピンクのパッケージで化粧品カウンターで発売されています。
美白のメカニズムを知ると効果的かもしれませんよ。
美白を目指す場合、美白美容液やシミやシワに効く薬なども効果的ですよね。でも、どうやってシミは消えていくんでしょうか?
リキッドファンデーションは、アレルギー肌の私にあうんですよね。
私は、アレルギー肌だからパウダーファンデーションだと白浮きしてしまうので使いません。
お肌に優しい化粧品ならドモホルンリンクル!!無料お試しセットで始めやすい!!
お肌に負担をかけずに美白をしたい!!と思うと漢方とか植物性由来のものがいいのかな〜と思っている
加齢により生えてくるムダ毛
旦那さんは体毛は元からそんなに濃くはないんですが、年齢と共にわけのわからないところから生えてくるムダ毛がすごく気になるんです。
赤ちゃん肌は目標だけど、実際の赤ちゃん肌は乾燥しやすいんですよ。
「目指せ!赤ちゃん肌!」なんてよく聞きませんか?確かに、赤ちゃんのお肌ってシミやシワが一つもないし、お肌もプルプルして潤っています。
エピレの脱毛はどうなのでしょうか?
脱毛サロンに行きたいなと思い、TBCがプロデュースしている「エピレ」のサロンについて調べてみました。
ケノンでお腹から股下にかけてのむだ毛の処理回数を減らしたい
腹のむだ毛に悩んでいます。20代後半になってから、どうもヘソの周りとその下にむだ毛が生えてくるようになりました。その毛は太く、濃く、縮れています。剃っても、剃っても逞しく生えてくるので、とても困っているのです。
美肌ビタミン、ビオチンはどう?効果は?
サプリメントやジュースの栄養表示などでよく目にするビオチンですが、他のビタミンB群と比べて知名度は低いのですが、実は美肌のために必要でとても高い効果を発揮してくれるのです。
ビオチンで美肌作りしよう。
美肌のためのビタミンのひとつビオチンを摂取するにはサプリンメントという方法もありますが、通常の食生活をしていればまず不足することのないビタミンです。
夏のエステ。
夏は、絶対紫外線対策をしなくてはいけません。外出する時は必ず日焼け止めを塗って帽子をかぶって、UV手袋をして万全の体制ででかけます。
日焼け止めスプレー。
日焼けが気になる時期、子供にも日焼け止めは必ず塗っています。特に1歳の息子は、5月に日焼け止めをせずに外出したら、腕とか脚とかお肌が真っ赤っかになっちゃったんです。

ホーム RSS購読 サイトマップ